プレミアムバリューバンクのサービスを活用する前に評判をチェック

家と人形

利用の心得

模型

信頼と配慮

家賃債務保証会社とは、連帯保証人に代わり、家賃債務保証をする会社のことです。連帯保証人よりも信頼できますので、家賃債務保証会社を利用している賃貸物件は現在、多くあります。もっとも、利用といっても契約するのは入居者です。従って、賃貸経営者側は、家賃債務保証会社との契約を入居条件の1つとすることで利用するのです。そして、利用というからには、賃貸経営者側で選定した家賃債務保証会社と契約させることも大切です。最近は家賃を滞納する入居者が増えており、そのことが原因で倒産してしまう家賃債務保証会社もあります。また、法的整備が不十分であり、監督する省庁、官庁もないので、滞納家賃の悪質な回収が行われている場合もあります。倒産されてしまっては、家賃債務は保証されなくなりますし、悪質な回収が行われては、賃貸物件の環境が悪くなる恐れがあります。よって、本当に信頼のおける家賃債務保証会社を、賃貸経営者側で選定しておく必要があるのです。と同時に、入居者への配慮も必要だと言えます。家賃債務保証会社と契約しなければ入居できないとなると、入居にかかる費用が増えてしまうことになります。その点を配慮するかしないかで、集客率に影響を及ぼす可能性があります。とはいっても、配慮することは決して難しいことではないのです。家賃債務保証会社との契約よって家賃債務の保証が実現するのならば、敷金や保証金を減額、もしくは撤廃すれば良いのです。そうすることで、入居費用を逆に少なくさせてあげることもできます。