プレミアムバリューバンクのサービスを活用する前に評判をチェック

家と人形

物件の価値を高めて増益へ

積み木と電卓

周辺物件との比較が大事

賃貸物件を活用した投資を行う場合、家賃相場の決め方が重要になってきます。一般的な家賃相場よりも高く設定し過ぎてしまうと、入居者に嫌われて空き室が増えることになります。逆に家賃相場よりも低く設定すると、空き室はできないものの収益も少なくなってしまいます。周辺の家賃相場を参考にしながら、強みがあると判断できる点について少しずつ家賃を上げていくのが上手な決め方と言えます。家賃を決める際には、周辺の物件について調査を行います。平均的な相場を弾き出した上で、自分が保有する物件と似たような物件については重み付けを行います。これにより家賃相場から離れ過ぎない設定額を決めることができ、さらにはライバルとなる物件との差別化を家賃に反映させることができます。弾き出された家賃が、想定しているものよりも低くなってしまうこともあります。そのままでは十分な収益を得られないばかりか、赤字になる恐れもあります。効果的な戦略によって収益を上げる努力が必要です。収益を上げるには、住みたいと思わせる物件にすることが重要です。例えば、古く汚れている物件は若い人には敬遠されがちです。エアコンやユニットバスなど、快適な住まいを実現するのに欠かせない設備が無い物件も同様です。保有する物件を周囲のそれと比較し、足りないものが見つかったのであれば積極的に取り入れるようにするとよいでしょう。最近はセキュリティを重視する人も多いため、監視カメラやオートロックなどを備えれば、家賃を上げても十分な収益を得ることができます。